1. TOP
  2. マインドセット
  3. 僕が重い腰を上げてブログを書くことにした3つの理由

僕が重い腰を上げてブログを書くことにした3つの理由

 2017/07/23 マインドセット
 
ブログ書きたくない

正直に告白すると、僕は積極的に情報発信したいタイプの人間ではありません。

それは、僕が2013年に情報発信からインターネットビジネスに参入して、とても遠回りをした苦い経験があるからです。

もっとも険しいルートから登ろうとしていた

もっとも険しいルート

サーバー、ドメインの意味もわからず、SEOを「セオ」と読んでいた40歳の僕がインターネットビジネスを最初に教わったメンターは当時24歳の青年です。

肉体改造系の情報商材を販売していた、いわゆる「インフォプレナー」と呼ばれる方でした。

その彼に半年50万円のコンサルを受けました。

当時、月給手取り26万円の僕が50万円ですよ?

30分かけて決済ボタンを震える指でクリックしたことを今も覚えています。

最初に教わったことはこれです。

ネットビジネスにはリストビジネストラフィックビジネスの2種類があり、ストック型資産になるのはリストビジネスである。

 

リストビジネス:顧客リストを元にしたLTVモデル
トラフィックビジネス:常に一見客を集め続けるモデル

だから僕らは、
「ストック型のリストビジネスをやる必要がある」と。

…いまだにやったことないですけどw

コンサルでは次のことをするように言われました。

  • とりあえずメルマガ365通用意
  • 集客母体としてのブログ開設
  • 登録プレゼント用無料PDF作成
  • 販売用のコンテンツ制作
  • 日々のブログ記事更新

言葉の意味すらもわからない状況でゲロが出そうなタスクの数々…

なにより、

「とりあえずメルマガ365通用意」ってヤバくないですか??

自分の教材も紹介する案件もないのに。

「1年間あれば何か教材作れる!」と言われ…

挙げ句の果てに、反応も見ずにいきなりステップメールです。

ダメダメなままいきなり自動化です。

それがあの、

「何の売り込みもなくダラダラ流れ続ける90通の謎のステップメール」の正体です。

もしかしたらあなたもうっかり登録してしまったかもしれませんね。

してたらごめんなさい。

だから僕はメルマガ嫌いなんですよ!w

そして、肝心の

  • ビジネスモデル設計
  • ブログのコンセプト設計
  • サイト内動線設計
  • メルマガ登録用LP設計
  • 競合リサーチ
  • キーワード選定方法
  • SEOまわり
  • 無料PDF設計
  • 教材作成アドバイス
  • Webライティング

といった実作業に関して何のアドバイスもありません。

ただ、「やれ」と。
JUST DO IT.

…ナイキか!

彼のコンサルで語られる内容というのは「What to」であり、「How to」ではありませんでした。

通常の情報発信では、「何をやるか」を無料で発信し、「どうやるか」の部分が有料になるはずです。

つまり、このときのコンサルの中身は無料で手に入るレベルの情報だったということです。

今にして思えば、彼自身、まだまだプレイヤーであって指導者のステージではなかったのかもしれません。

なかなか高い授業料でした。

聞くな!

「ググってわかるようなことは聞かないでくださいね」
「社長なら問題解決能力を高めることが必須ですよ」



こう言われては、もはや何も質問できません。

ほとんどの断片的な知識であればググればわかってしまうからです。

終始こんな調子で具体的な方法論の指導はありませんでした。

大金払ってコンサル受けてもこんなものなのか。

情弱ってこうやってカモられ続けるんだろーな…

自分にはネットビジネスは無理なのかもしれない。

もう一生、今の暮らしを抜け出せないのか…

自己嫌悪

日々、自信喪失。
日々、自己否定。
日々、自己嫌悪でした。

結果、

彼の元で教わっていた1年半あまりで得たのは、本人の教材アフィリ報酬@6000円×3本=18000円でした。

「0→1のフェーズが一番難しいんすよ。」
「そこを突破したからあとはどんどんいけますよー!」

と言われましたが、これまでの感謝を伝えて僕は彼のもとを去りました。

最初のメンターから学んだこと

学んだこと

40歳サラリーマンの僕が、今さら別の生き方を夢見たことが間違いだったんでしょうか?

コッソリ定期預金を解約して、震える指で決済ボタンを押し、100万近く使って受けた初めてのコンサルにより憧れた生き方にグッと近づくことは、残念ながらありませんでした。

「何」を学ぶかもそうですが、「誰から」学ぶかは、
やはり大事だったなと今にして思います。

ですが、1年半の定期的なやりとりを通じて

  1. ビジネスの本質は人助けである
  2. ビジネスとは価値と価値の交換
  3. 人を不幸にするビジネスならやらないほうが世のため

 

という、ビジネスオーナーとしての大切なマインドを
細胞レベルで浸透させられたことは収穫でした。

これらは、今も僕の中に息づいています。

同時に教わったビジネスオーナーたる者の
「8つのマインドセット」があるのですが、こちらはクソ長くなりそうなので別の機会に譲りますね。

ずっと書かなかったブログを書くことにした理由

ブログ

実はこのドメインは1年前にとって今日までずっと放置してましたw

僕が面倒くさがってたブログを書くのには3つの理由があります。

  1. 頑張ってる仲間に何らかのモチベーションを与えたい
  2. 仲間には年齢を理由に人生をあきらめて欲しくはない
  3. 時間の切り売りではない生き方を仲間や子供に伝えたい

「仲間」って誰?

と思われるかもしれません。

仲間って、この記事にたどり着いたあなたです。

1.頑張ってる仲間に何らかのモチベーションを与えたい

自分の道を歩け

「メディアやブログに記事を書く」という作業は地味で孤独です。

リサーチのためにネットをみれば、自分などとても勝てそうもない巨大メディアが同じカテゴリにひしめいています。

「自分なんかが書くだけムダなんじゃないか…」
僕もそんな気持ちになったことが何度もありました。

だけど、どんな巨大なメディアであっても最初の記事の1文字目をタイピングすることから始まってるんです。

Web上に存在した瞬間から3000記事も入ってたワケじゃないんです。

最初から15万本のナチュラルリンクが入ってたワケじゃないんです。

何年も積み重ねてきた相手と運営歴1年の自分を比べて自信喪失する必要はありません。

そこは比べるところじゃないんです。

そして、

フェイスブック

Facebookなどで僕らはしばしばデキそうな起業家・コンサルタントの方々のデキそうな投稿を目にします。

そうした方々も最初からあんなにキラキラしていたわけじゃないはずなんです。

「魅せ方」や「ポジショントーク」もあります。

彼らの「ダメダメだった頃」が想像すらできないから、
「自分にはあんな才能やセンスがないから…」
と努力をやめてしまう人がいるのは寂しいことです。

僕自身まだ5合目を登ってる最中ですが、
2合目を登る人に声をかけることはできます。

登山したことある人ならわかるかもですが、
下りの人が上りの人に出会うと、こう言います。

「もう少し、もう少し」

仲間が歩き続けるモチベーションになれたら素敵だし、
僕がそうしてもらったように、キッカケを与えられる人になりたい。

先輩たちに恩返しではなく、後輩に恩送りをしたい。

これが1つ目の理由です。

2.仲間には年齢を理由に人生をあきらめて欲しくはない

パソコン作業

3年間
〜〜〜
650万円
〜〜〜〜〜

これは僕が今まで自己投資にあてた資源です。
内訳はコンサル代、塾費用、教材、関連書籍など。

インターネットだけで暮らせる収入を得るようになるまで、本当に遠回りをしてきましたし、年もとりました。

出す出す詐欺のメルマガ登録ページにも書きましたが、
僕がインターネットビジネスに参入したのは2013年でちょうど40歳の時でした。

参入時期的にも年齢的にも超・後発組だったんですね。

僕がそれまでずっとしてきた仕事は、昔ながらの足を使った泥臭い営業でした。

なのでインターネットの知識はなく、検索とメールの送受信がやっとのレベル。

ドメインもサーバーもPDFの意味もわからなくて年下のメンターには叱られてばかり。

当時は副業でしたし、まあ、辛いことも多かったです。だけど、やめようとは思いませんでした。

分かれ道

一生泥臭い営業か
〜〜〜〜〜〜〜〜
インターネットで起業するか
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

僕の人生は二択だとわかっていたので。

ここで車線変更しなきゃ、もうきっと一生この延長線で終わってしまうと。

何ていうか、最後にもう一回、人生で魂を燃やし尽くしたかったんですね。

とはいえ、先が見えなくて不安になることもしょっちゅうでした。

同年代のサラリーマンとは話が合わないし、周りには今みたいに同じ志の仲間もいなかったですし。

子供はどんどん大きくなるし、お金だってかかります。

当時、40過ぎてからネットビジネスに参入してうまくいった人なんて1人も知らなかったんです。

だから「おじさんでもできる」と証明するには、自分でやってのける以外ない。

いつからか使命感のようにそう思っていました。

ちょうどこの頃ですね。

セルフィム

Self image(セルフイメージ) – age(年齢)
= Selfim(セルフィム)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

という今の会社の名前を決めたのは。

自分の会社を作ると決めた時、社名もすでに決めていました。

僕は遠回りしたので3年越しでしたが、自分の会社を作ることもできました。

だから、今度は「40代からでも全然できますよ」と僕がいってあげたいです。

これが2つ目の理由です。

3.時間の切り売りではない生き方を仲間や子供に伝えたい

人生の時間

 Time is Life.

人生とは時間のことです。

人生=睡眠時間+仕事時間+自分の時間
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

すごくザックリですが・・・

生きるためにはお金が要る
    ↓
お金を得るために働く
    ↓
働くことで時間が減る
    ↓
自分の好きなことができない

時間は有限です。

この問題を解決する方法は2つあります。

【 1.好きなことを仕事にする 】

一見、これは難しそうに思えるかもしれません。

ですが、好きなことを極めてそれの専門家として影響力を持てば、職業になる世の中です。個人が媒体を持てる時代に生きる僕らの特権といえるでしょう。

【 2.仕組みに働かせる 】
レバレッジ

働き方はその性質から大きく2つに分けられます。

  1. 自分の時間を切り売りするか
  2. 仕組みに働かせるか

です。

前者の働き方だと「1」の労働に対して「1」支払われて終わり。

後者なら、「1」の労働に対して「100」も「1000」も可能です。

1回の仕事に対してものすごくレバレッジが効くんですね。

いわゆる、

「寝てても月収100万円」

という世界です。

その世界は実在します。

実在はしますが、到達するには相応の努力が必要です。

「寝てても月収100万円」はともかく、
本当に豊かになりたいのであれば、
時間の切り売りをしていてはダメです。

だって、切り売りする時間には上限があるんですから。
たとえ寝ずに働いたとしてもアッパーがあります。

このことを大切な仲間や僕の子供にも伝えたい。

これがブログを書こうと思った3つ目の理由です。

さいごに

…ふう。

初回からすげー長くなってしまってこりゃ大変だな…^^;

よかったらまた遊びに来てくださいませ!

【追伸】

アフィリエイトに特化したWebライティング教材
【THE ESSENCE】
もうチェックしてますよね?

発売から48時間で1100本という異例のペースで売れてるそうですよ。この内容が破格の4980円なんで、まあ無理もないんですが。

報酬アップ加速の自己投資になることは間違いなし。

ただし、この神教材は8月7日(月)23時59分で販売停止になります。まだの方は即チェックを!

モリアツ.comだけの激アツ購入者特典ついてます。
▶︎THE ESSENCEは必携のWebライティング教材!特典はともさん懇親会?!

\ SNSでシェアしよう! /

モリアツ.comの注目記事を受け取ろう

ブログ書きたくない

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モリアツ.comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!